2018/02/24

まず、認知症から

“勇気ある者達へ”の自動書記の部分は私自身への言葉でもありました。

先日、自分のエネルギーが小さくなっていたのを感じたと書いておりましたが、

今まで大きくなり続けていたのに、

何が起こったのか分かりませんでした。

今までのままでは・・・ダメ出しだったと思います。

勇気を持って今まで乗り越えていなかった事に進もうと思いました。

“勇気を持って前に進まない者にサポートは要らないでしょう。”

そう突き付けられたように思います。

今までのような緩さではもうサポートはないでしょう。

サポートする意味ないですものね。

最終局面を迎えているとも言えます。

今までのままではサポートは入りません


そこで、今まで自分が消極的だった事に着目しました。

私の役割について再考致しました。


自分の役割を意識したのは、

あるチャネラーさんに仕事の悩みで伺った時の事です。

次女と一緒に受けたセラピーでした。

少し長いので前半部分だけ書きます。
(私も久しぶりにその文面に触れて気持ちを新たにしました。)

二人は人間を越えた存在である。

人間の営みをしながらも人間を越えている。

二人は人類に光と知恵をもたらす為に来た。

何も恐れてはならない。

二人のパワーを持ってすれば病人は癒され

遠くにいる人も癒されるであろう。

共に働きなさい。

あなた方が願えば叶わないことはない。


その時にイエス・キリストからのメッセージがありました。

祈りなさい。共に祈りなさい。

私と同じ奇跡が起こせます。

あなた方が触れるものは癒されます。

あなた方が語り掛ける人も癒されます。

常に私の光をまといなさい。

精霊の光をまといなさい。

そして、聖母マリアの慈しみをもって人々を導きなさい。

人類すべての人があなた方の子供であると思いなさい。

恐れてはいけません。

あなた方には出来ます。

より高く、より大きく、

地球全体を包み込むくらいの光で人々を包みなさい。

疲れた時には私のもとで休みなさい。

私の愛する子。

あなた方を祝福します。


このメッセージを聞いた私たちは、“何のことだか???”

私たちに向けられたメッセージという実感があるはずもありません。

しばらく放心状態でした。

二人とも見事に目立ちたくない人達でした。


今までこのメッセージを忘れていた訳ではありません。

しかし、イエス・キリストの癒しには程遠いヒーリングしか出来ませんでした。

それが、このメッセージ通りに進めなかった理由でした。

しかし、この文面に意味があることに気付いたのです。

気付きもありましたが、

サポートして下さっている存在が変わったのが分かった事もあります。

そう、恐れに対峙して行動すると、

より高次の存在がサポートして下さいます。



昨夜、ある試みを致しました。

認知症の症状のあるお二人に新しいやり方をさせて頂きました。

メッセージにあったように、キリストの光をまとって包み込んだのです。

脳の状態はお二人とも違っていましたので、

そこは良い状態にしてからですが・・・

認知症であっても同じ状態ではないようです。

細かくチェックしていく必要があるのかもしれません。

脳は大事な部分です。

一人の方の脳に同調すると暗いのです。

ネットワークが機能していませんでした。

ネットワークを構築いたしました。


癒しの他に、もう一つ役割があります。

それはアセンションです。

14万4千人の人達を引き上げるメンバーの一人であります。

私は長い間、仲間を探していたのです。

私一人ではなく、仲間と一緒に仕事がしたいのです。

恐れに対して勇気を持って対峙出来る人達をです。

セッションはその目的もありました。


14万4千人の人を引き上げるのは一人では出来ません。

一人でも出来る事から始めようと思います。


認知症の癒しは少し経過を観させて頂きます。

それで、GOサインが出ましたら、

ブログでお知らせ致します。

癒しに関しては料金は発生致しません。

ただ、その方にさせて頂けるかのチェックは致します。

ブログをお読み頂いている方から募集させて頂きます。

もうしばらくお待ちください



ブログランキングに参加しております。
お手数をお掛け致しますが、ポチっとして頂ければ有難いです



人気ブログランキング




スポンサーサイト
2018/02/23

勇気ある者達へ

心を開くとはどういう事でしょうか。

あなたが誰かと心を通わす事でしょうか。

それとも楽しい気分を味わう事でしょうか。

心の奥深く存在するあなたの世界と繋がる事を意味しています。

全てはそこにあります。

あなたが求める答えはそこにあるのです。

外の世界に答えを求めても、

あなたに安らぎが来るでしょうか。

誰もそれを埋めてくれることはないと知っているのはあなた自身です。

目を覚ましなさい。

目覚めたい者達よ。

誰もそれを邪魔することはありません。

あなたが勇気を持つことです。

勇気ある者達よ。

その身に幸いあれ。


青字は自動書記によるものです。


自動書記の文面は私に対しても当てはまります。

勇気を持って~に取り込む。

その何かを見つめます。


深夜、就寝中に何かが接触して来たのを感じて

一瞬目を覚ましました。

見えたのは渦巻くエネルギー体でした。

高次元の存在というのは意識というか意志のあるエネルギー体です。

私たちも本質は意識体なのではないかと思います。

宇宙や地下都市などへ飛んで行く時は、

肉体から抜け出して意識体としてです。

意識体ですが、ちゃんと風を切って飛ぶ感覚もありますし、

ビジョンも見えます。

ハッキリと見える時とそうでない時があります。


エネルギーを使えるようになった経緯は長くなるので、

直接的なものと考えられるものを書きます。

先ほど地下都市という言葉を使いましたが、

地下都市の自分の記憶というのも潜在意識にあります。

地球の地下にある都市群です。

地上とは次元が違いますが、

幾つかの次元が存在しているようです。

自分が知っている次元の世界しか私は知りません。

随分前になりますが、

飛んで行ったことがあって、

幾つもの地域みたいなのがあったのですが、

凄いスピードで飛んでいくものですから、

ゆっくり観察出来ないんです。

その一つが輝くクリスタルで出来ているような建物が建ち並ぶ都市でした。

あまりの美しさに、もっと見ていたい。

なのにスピードは落とせない

とても残念だったのを覚えています。


エネルギーが使えるようになったのは、

テロスという地下都市に近い

地上でいうとアメリカのシャスタという所に行ってからだと思います。

そこに行く必要があると感じたので、3回行きました。

2回目に行った頃からエネルギーが使えるようになりました。

どのように使っているかというと、

目を閉じて、日本語で“~する”と、思うだけです。

記憶にはないですが、

寝ている間に地下都市に行って何かをしたのでしょうね。

私の潜在意識の記憶にあるテロスは、

湖のように見える場所に水晶で出来た宮殿のようなものが建っているイメージです。


地下都市と言えば、

違う次元の存在として最初に世に出るのは、

地下都市の方達なのでしょうね。

今準備中との事です。

その計画にも関係しているようですが、

大事な事は覚えていません。

違う次元の私の記憶を持っていたらどうだと思われますか。

今回の事は地球人として問題の解決をしていかないと意味がないのです。

簡単に現状を解決することが目的ではありません。

それぞれが自分の中にある恐れの元に気付き、

それは幻想なのだと自覚することなんだと思います。

恐れに立ち向かうには勇気がいりますが、

勇気ある者には大きなサポートが入るでしょう。

私たちの宇宙全体に波及する事ですから。


自分の問題点に目を向けないという事は、原因を他者に見てしまいます。

自分が上手くいかないのは誰かのせい。

責任転嫁していても何の解決にもなりません。

それでは上手くいかなくて当然といえないでしょうか。



ブログランキングに参加しております。
お手数をお掛け致しますが、ポチっとして頂ければ有難いです



人気ブログランキング

2018/02/22

全てはエネルギー

プレアデスから地球に来た時の記憶が潜在意識の中にありました。

まだ、今の地球人と言える人達はいなかった頃のようです。

私はその集団のリーダーでしたが、

他の仕事の為に地球を離れました。

その後に何が起こったのかは分かりませんが、

その時に残した仲間たちの事が、

何故か今でも気になっているのです。

プレアデスには時々行っている記憶がありますので、

関係は大きいのだと思います。


今は飛んで行かなくても良いようにしたので、

一瞬で違う次元の自分になります。

ただ、急にその身体になるので状況が読めません。

多くは宇宙船の中だったりしますが、

身体の感触が違ったりしますので、

それぞれ違う次元なのでしょうね。



ここまで訳の分からない事を書いていますが、

私たちは多次元的なのだという事です。

それに気付かせて頂いたのは、

セッション中の事です。

様々なエネルギーを使う事が出来ますが、

何故そうなのかは分かりません。

1つ思い当たることがありますが、

また話が逸れそうなので、

そのお話は次回に致します。


セッションではいろいろなエネルギーを使いますが、

そのエネルギーごとに私の次元が変わっているそうです。

どういう存在になっているのか、

見える方がセッション中の私を見て、

そう教えてくださったのでした。

違う次元の私がしているセッションと言えるかもしれません。

でも、それも私なのです。

私たちは周波数を変える事で多次元的になれるのです。


信じられないという方がいらっしゃるのも承知で書かせて頂きますが、

地球人には様々な地球外生命体のDNAが眠っています。

セッションの時にDNAを活性化致します。

セッションを受けて下さった方が宇宙的体験をされたり、

地球人にはない感覚が発現するのです。

感じようと思えば周波数は勿論の事、

意識の高さをエネルギーとして感じる事が出来ます。

感情のエネルギーを感じられるのもです。
(チャクラの活性化や魂の記憶を入れたクリスタルも影響しているでしょう。)

ヒーリングは当然出来るのですが、

思考(思考もエネルギーです)というものがエネルギーに影響しますので、

お勧めしていません。

エネルギーを感じられるという事は重要です。

全てはエネルギーだからです。

私たちもエネルギー体です。

自分の意識・感情・意識・周波数なども分かります。

これを自分の見直しに活用する事で、

自分の状態をチェックしながら進めていくのです。


セッションは高いレベルまで完成しました。

しかし、高い周波数帯になった事は良いのですが、

自分の周波数帯以外の方達と関わることが出来なくなりました。

それが、周波数帯の特徴です。

自分のエネルギーが小さくなったのに気付き、

“魂との対話”というブログに中にありますように

深い瞑想をした事で、

エネルギーの質が変わりました。

エネルギーが何段階もの層のように変わっておりました。
(エネルギーを感じられる方は同調して感じてみて下さい。)

周波数帯の範囲が大きくなったので、

多くの方に見て頂けると良いなと、ブログランキングに参加させて頂いたのです。



ブログランキングに参加しております。
お手数をお掛け致しますが、ポチっとして頂ければ有難いです



人気ブログランキング











2018/02/21

アセンションは過程です

宇宙的体験についてですが、

多すぎて覚えていないことが多いです。

ただ、初めて宇宙的体験をした時のことは覚えています。

意識が凄いスピードで自分を飛び出して、

あっという間に宇宙と思われる空間へと行きました。

飛んでいる時は体感を伴います。

星々なのでしょうか、

それらを避けるようにヒョイヒョイと移動していました。

そして、ある宇宙船の船内へと入って行きました。

船内の上の方から多くの人達がいらっしゃるのを眺めていました。

ヒューマノイドタイプの方は髪がなくシンプルな服を着ておられ、

地球人で言えば何処かの国の修行僧のように見えました。

ヒューマノイドタイプでない方は、

鼻が大きくて長く垂れ下がっているように見えました。

どうも、その宇宙船を助けようと様子を見に来ているようでした。

“ようでした。”と、書いたのは地球人である私にはその行動の意味は分かりません。


プレアデスにはよく行っていたようですが、

水の中で癒されている自分は分かるのですが、

何故プレアデスで癒されているのかは分かりませんでした。

その他の体験もまた書かせて頂きます。


スピリチュアルと言えば4次元世界を扱っておられる場合も多いようですが、

地球の4次元は地球特有のものですので、

私には4次元存在を感知出来ません。

ですから霊なども感知出来ません。

この4次元問題を解決することがアセンションには必要です。

地球人のネガティブなエネルギーが生み出したのが4次元です。

2011年にこの4次元の層にアセンションを邪魔されてしまいました。

地球人がこの層から解放されるには、

自分のネガティブな感情はどういう恐れが原因かを見つめ、

捉え方を変えていく事です。


あなたが本当にアセンションしたいのであれば、

パワースポットに頼ったり、

神頼み的発想は卒業しましょう。

捉え方の転換して周波数を変えていくことがアセンションする事なのです。

アセンションに関しては、この地球ではなく、

地球より先輩の星のスペシャリストです。

ですから、アセンションに向かう地球に転生して来ているのです。

それだけ地球が重要な役目があるという事でもあるでしょう。

地球の問題の解決を待つ間に、

アセンションは過程になっていきました。

もっと楽しい展開になっていきました。

それは、とっても長くなりますので少しずつ書いていきます。



ブログランキングに参加しております。
お手数をお掛け致しますが、ポチっとして頂ければ有難いです



人気ブログランキング

2018/02/20

異次元ポケット

古いブログを削除して(何回かしています)1年程が経ちました。

ブログランキングに参加したのを機に、

今に至った経緯を話の流れで書かせて頂きます。


皆さんも思い出したい何かをお持ちかもしれません。

私はそれを見つけたいが為に、

沢山の経験を経て来たのではないかと思います。

偶然のように見えるものの全てが必然であり、

必要なことだったと思います。


不思議と思える経験で一番古い記憶は幼稚園の頃です。

父親に頼まれたタバコを買いに行き、

道に飛び出してしまってバイクとぶつかりました。

ぶっ飛んでしまって頭から落ちたのですが、

頬に擦り傷が出来る程度でした。

病院では赤チンを塗られるだけで、

子ども心に、「あれ、検査みたいなのもないの?

結構飛んだんですけど。」と、思っていました。


それからの不思議と言えば、

寝ている間に何処かに行ってしまうので、

夢遊病ではないか?と、母が心配していたようです。

寝ぼけている訳ではなく、

異次元から帰る時に、寝ている場所を間違えただけの事です。

どうも異次元ポケットのような物を持って生まれているようです。

ドラえもんの四次元ポケットのようなものですかね。

目には見えないものが見える数人の方から、

「亡くなった方には袋のようなものがくっついていて、

それとは違うけれど、似たものが付いているよ。

他の人では見た事がない。」

と、言われた事があります。

亡くなると、この世界に留まるのではなく、

異次元世界にお帰りになるのでしょうね。

私の場合は、次元間を行き来するのに使っているようです。


何故そのポケットが必要なのかです。

私のすべき事に関係がある。という事のようです。


子供の頃から宇宙的なものへの関心が強かったと思います。

25年以上前になりますが、

異次元を見る練習をしていました。

ちゃんと本に書かれていたように何日も練習しました。

ある朝目覚めた時に、本に書かれていたようにゆっくり目を開けると、

そこには見えるはずの天井はなく、

エネルギー渦巻く世界だったのです。

ビックリして目を見開いてしまいました。

その頃から宇宙的体験をするようになりました。


話は長くなりそうですので、続きは明日以降とさせて頂きます。



ブログランキングに参加しております。
お手数をお掛け致しますが、ポチっとして頂ければ有難いです



人気ブログランキング