2017/11/20

煌きに・・・

この先の不安を思うより、

自分の中の光の煌きに目を向けなさい。

今どちらに意識を向けるかによって、

全く違う世界を生きる事になります。

私たちが意識を高めて新しい展開を迎える準備の途中です。

私たち一人一人の生き方が、

私たちのDNAに組み込まれ、それが引き金となって、

煌く世界を見るか見ないかを決めていきます。

私たちが同じ煌きを見ることが出来るのかは、

あなたの選択によるのです。


上記の文章は自動書記によるものです。


スポンサーサイト
2017/11/18

意志力

何故私たちは此処にいるのか?

そう思われたことはなかったでしょうか。

私たちが此処にいる理由は、

あなた達の中にあります。

決して自分の外にはないのです。

外へ外へと向かう意識は遠心力に任せて外へ向かう水しぶきのようです。

それを内へと向かわせるのは、

自分自身の意志力です。

自分の意思というものが確立されていないと、

遠心力のままはじき出される状態になります。

うねりのように上昇しようとするエネルギーにはじき出されることになります。

だから問うのです。

あなたはどうしたいのか、と。


上記の文章は自動書記によるものです。



2017/11/17

私の経験から・・・

私のワクワクする瞬間は、

新しい気付きがあった時です。

だからでしょうね。

気付きのヒントとなるものを求め続けます。


意識が変わるとは、違う感覚の獲得なのではないでしょうか。

自分の感覚で、まだまだなのは分かっているのです。

セッションを止めようかと考えている一つには、

意識を高めようと思っておられる方ばかりのセッションでは、

そう多くの方が受けようとは思われないでしょう。

残念ながら、運が良くなる、と銘打った方が多くの方が受けて下さるかもしれません。

昨日手に入れた(まだ読めていません。)本の紹介文によれば、

生きている間に上がる意識は、数値化していうと5くらい(1~1000)だそうです。

この本を読むと(理解するとだと思いますが)35上がるそうです。


ヒーリングにしても何処がどのように具合が悪いのかが分からなれば、

ヒーリング出来ないようでは十分ではない事を

知っているからこそヒーリングには熱心ではないのだと思います。

自分がまだまだなのを知っているのは自分自身です。


意識を高めようと、そこに意識を集中させても上がらないことを知りました。

逆効果になるようです。

コツコツと自分に必要な気付きの積み重ねが、

自然な流れで意識が変わって来るのです。

焦りは禁物です。

見えるものも見えなくなります。






2017/11/15

希望が見えました

私がセッションを休もうとした理由は2つあります。

一つは次に進む為の準備期間としてです。

もう一つはというと、

意識を高める事を純粋に求めておられる方は、

もういらっしゃらないだろう。という想いからでした。

必要とされていない事は、もういいだろう。

そう思っていたからです。


今回のセッションのご案内で、

最近ブログを読み始めて下さった方が、

セッションのお申込みをして下さいました。

最近のブログといえば、

セッションの内容もですが、どういう傾向のものかも分からないですよね。

元々セッションの内容は初期のセッション以外は説明を殆ど記載していません。

説明したとしても???な感じですから。


では、どうしてお申込み下さったのか、

ブログの波動(周波数)が高かったのでお申込み頂いたのだそうです。

セッションの内容は一応ミレニアムセッションだけ説明させて頂いて、

後はお任せという事になりました。

とても気持ちが良いセッションだったのは、

言葉での説明は要らなかったからでしょうか。

セッションの価値を理解して下さっていたからかもしれません。

皆さんお分かりになるでしょう。と、仰っていましたが、

残念ながらそういう方は少数です。

だからこそ、セッションを止めようと考えていたのです。


その方が意識のレベルは数値化出来ると仰っていました。

意識を科学する。

そういうことが既にされていたのですね。

全く知りませんでした。

その方から教えて頂いた

“パワーか、フォースか、人間のレベルを測る科学”という本を購入しようと思っています。

真剣に意識という事に取り組んでおられる方がいらっしゃる。

それは、私にとっての希望でした。





2017/11/14

ある方のセッションで学んだこと

昨日のセッションでのやり取りを少し書かせて頂こうかと思います。

セッションを受けて下さった方の承諾も得ております。


お話をお聞きして状況などを伺っておりました。

お話が中心ですが、

少しエネルギー的な事はさせて頂いております。

その中の一つです。

深い部分(本来の自分)と繋げさせて頂いているのですが、

お腹辺りで止まってしまって下まで行けません。

あの蛇のような存在が邪魔しているのだろうか?

そのように思いましたが、

もう少し見ていくと、ハートセンターが閉じた状態でした。

何故閉じてしまったのかを、

お話の中で探っていきました。

それまでの会話内容の中にもヒントとなるものがありました。

詳しい内容は控えさせて頂きます。

見直し作業をしていて、子供の頃の思い出がキッカケとなって、

蓋をする方法を選ばれたようです。

蓋をする傾向は元々おありだったと仰っていました。

それが、ハートセンターを閉じる事になったようです。

ハートセンターが閉じてからは、苦しさは無くなり幸せを感じておられたようです。

しかし、今までと違ってきている事も日々感じていられたようです。

今までの能力は薄れていったそうです。

感情というものも無くなっていくようだったそうです。

ハートセンターからのサインも勿論なくなります。

セッションに関しても、

「まあ、受けなくても良いか。」になっておられたようです。

興味がなくなっていくのです。

以前のブログに書きましたように違う世界に住まわれているかのようです。


ハートセンターを開放させて頂きました。

先ほどまでの世界がフィルターのかかった世界のようで、

感情のないロボットのようになっていた事に、

ハートセンターを戻す事で感覚として理解されたようです。


見直しをされている方、

苦しさはあるでしょう。

でも、それは深い部分と繋がっているからこそなんです。

そこをしっかり理解して下さい。

見直しをしっかりする事から逃げたり、

他の方法で誤魔化す事は自分のハートセンターを閉じることになるかもしれません。


この世界で、自分を顧みないで生きている方もいらっしゃいます。

それも、その方の自由意思でしょう。

しかし、苦しい体験から自分を顧みる体験をされる方もいらっしゃいます。

そういう体験から学ぶことを選んでいるのは、

自分自身だということが分かります。

ハートセンターが閉じて深い自分と繋がっていなければ、

深く思考することもないロボットのような存在になる。

と、いう事なのでしょうか。


まるで、マトリックスという映画を見ているようでした。

映画の中でも現実の世界が嫌で虚像の世界へ戻られた方がいらっしゃったかと思います。

虚像の世界でロボットのような生き方を望まれるのも自由なんですね。


セッションの様子を書かせて頂いた方からメールを頂きました。

メッセージのようにも感じましたのでそのまま転記させて頂きます。
(ご本人の承諾を得ております。)


akemiさま

今日は本当にありがとうございました。

本当に良かったです。

あの後用事があり、出かけましたが色々なことがスムーズでしたし

きちっと、感じることが出来て驚きました。

周波数を感じることもできるようになりましたし

こんなに一瞬で感じれるんだぁ と目から鱗の出る思いでした(笑)


今日、セッションを受けさせて頂けたのも

色々な次元の方々に導いて頂けたのでは、、、と

そのことも含め、感謝の思いでいっぱいです。

感謝の思いも感じられるようになったんだなぁ

と実感します。

(あのままでも、感謝 しているつもりでおりました…)


同じことを繰り返さないために良く見直して

苦しいことも、感じれることが大事で

それこそがサインなんだと、忘れずに頑張ります。




感情はなくなるのではなくて、

感情の揺れは少なくなって来ますが、

揺れがあれば自分を見直す。

ハートセンターからのサインです。

ハートセンターからのサインは、

本当の自分から来るものです。