2018/04/26

自分の体験から築いて・・・

エイリアンインタビューについて、

全てが自分の中で腑に落ちるものではありません。

腑に落ちる部分がある。と、いう事です。

どういう視野で物事を捉えるかで、

自分の信じるものは違っています。

自分が把握できる範囲の中での捉え方であるからです。


この世界の私の認識では、

神というのは姿かたちはなく、

とてつもなく大きなエネルギー体です。

頼み事をすれば叶えてくれる存在ではありません。

それ以上を知っている訳ではありません。

何かから得た情報ではなく、

自分の体験から知っていることです。

本から得た情報ではなく、

自分の体験からブログは書くようにしようと思っていますが、

本の中からの情報をお伝えすることもあります。

本のご紹介をするのは、

私に響くものがあった場合です。

心に響くものとは自分の何かに小さな変化を与えてくれます。

それを大きな変化に変えるのは、

自分の追究心かもしれません。






スポンサーサイト
2018/04/25

経験から

過去の経験から・・・

今は削除しているブログには書いていたのですが、

20年位前の事です。

宇宙的なセッションを受けていた事があります。

話の内容はサッパリ分かりませんでした。

ただ、聞いていただけです。

そのセッションは自分が変わるというより、

地球にとって必要なことをする為だったように思います。


そのセッションは地球人がされているのですが、

宇宙存在がウォークインされているようでした。

そのウォークインは、ウォークインされる地球人の同意があって成り立っていました。

ウォークインはウォークインしている宇宙存在が出ると普通の地球人に戻ります。

肉体は入れものなのだと理解出来るものです。


セッションは受けている個人の能力に変化があるかというと、

それは分かりませんでした。

ウォークイン状態でなくなれると、

それまでの意識ではなく、元の状態に戻られるからです。


ウォークインしている宇宙存在から、

「お久しぶり。」と、挨拶されましたが、

記憶喪失状態の私には???でしかありませんでした。

親戚だと仰っていました。

他の方にはそういう事はなかったようですので、

やはり、特殊な方法で地球に生まれて来たのかもしれません。

今だったら、いろいろ聞けるのになぁ。残念。


私のような方法で地球に生まれて来た方もいらっしゃるでしょうが、

その役割を果たすことはとても困難です。

ある方がエネルギーを使える人が育っていない。

そのように教えてくださいました。

記憶喪失状態から自分の役割を思い出すのはとても難しいのです。

私も真摯に向き合わなければという気持ちを持とうとしていたのは、

滑り落ちるのは本当に簡単だからです。


話を戻します。

宇宙存在がウォークインされている個人セッションを2回受けました。

私個人の情報というのは少なくて、

殆ど意味の分からないものでした。

しかし、重要な情報がありました。

1回目のセッションの時、

チャネリング状態で、「宇宙船が見えるけれど心当たりある?」と、聞かれました。

私は、寝入りばなに飛んでいって、

宇宙船の中に入っていった事、

その時に見た宇宙存在達の様子を伝えました。
(どんな宇宙存在?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんので・・・
ヒューマノイドタイプの方は髪の毛はなく白っぽい僧侶のような服装でした。
他には鼻が長い方とか、皆さん表情がなく立っておられました。)

「その宇宙船はあなたに関係のある星の方で、

あなたは助けに行っている。

その星はアセンションしてしまって、

その方達は帰れなくなった。

その人達をアセンションさせて帰れるようにしましょう。」と、仰って下さって、

エネルギーを入れて下さいました。

今から考えると、この経験が、どのようなエネルギーも使えるのではないか?

に繋がっているのかもしれません。


2回目も殆どは個人的な事ではなかったのですが、

重要なものでした。

私の寿命は風前の灯火状態でした。

それまでに役割を終えて帰る予定になっていたようです。

それが、役割を果たすどころか深い記憶喪失のままです。

一応寿命を自分で繋いでいたようですが、
(妹にも手伝って貰って。)

寿命を延ばすエネルギーを入れて貰いました。

その時のイメージは宇宙船からそのエネルギーを降ろして貰った感じです。


地球の為に・・・

ウォークインする方法もあるでしょう。

私が地球人となって来ることを選んだのには、

理由があるでしょう。

地球人としての問題点は経験しないと分かりません。

地球人の意識が変わらなければ、

メビウスの輪から卒業出来ないでしょう。


イベントのエネルギーは私が創造した世界へのお誘いです。
(イベントのエネルギーを全体に入れる事はないでしょう。)

ご自身で創造されることを選ばれるのならそれも良いでしょう。

私たちは自由に選択できるのです。







2018/04/24

お越しをお待ちしております。

昨日のブログに書きましたように、

京都でセッションをお受け頂いた方には、

追加のエネルギーを入れたメールを昨日中にお送り致しました。

もし、まだ届いておられない方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。


二つの夢を少し覚えていました。

一つ目の夢は、

家へ帰ろうとしている夢です。

どのような交通機関を使えば帰れるのか分からず、

地図を広げて、ある交通機関の女性に聞いていました。

現在地からかなりの距離があることが分かりました。

山を越え、川を渡らないといけないようです。

まず、山を越える為にタクシーに乗りました。

もしかしたら、雪が多くて途中で進めないかもしれないということでしたが、

山を登っていくと、雪は全くなくてスイスイと進めました。

次に川に着きました。

その川では、小さな小舟に3人ほど乗って竿のようなもので、

流れに乗って下っていくスタイルでした。

急流に乗ってかなりの揺れがあるのですが、

とても楽しそうな私。

どちらの場合も、どうしようか?

という迷いを感じませんでした。

ある時から私のモットーは“やってみなければ分からない。”になっていたからかもしれません。

どんな困難にも抵抗しないという事が大事なのかもしれないと思いました。


次の夢は目覚めの前の夢でした。

私は新しい場所にいました。

引っ越ししたような感じです。

まだ、全く全体像を把握していません。

部屋から出てウロウロしているとどういう構造をしているのか、

迷子になってしまいました。

紙のような物を出して、

自分が行きたい所を探しています。

コンピューターのように検索出来るのです。

ある人の家を探していたようで、

その人の名前や以前の住所を入力すると、

今何処に住んでいるのかが分かります。

でも、検索結果は曖昧なものでした。

一旦建物の中から外に出てみました。

その建物の全体像を見てみたかったのです。

深夜だと思っていましたが、

駐車場のようなものが建物に隣接しています。

明るかったからでしょう。

建物の全体像が見えましたが、

結構複雑そうでした。


そこで目が覚めました。

後になって、多層構造になっているのかもしれない。

とも思ったのです。

何故なら周りに人の気配を感じなかったからです。

一人は寂しいでしょう。

そういえば、家族にイベントのエネルギー入れてなかった事に気付きました。

そして、地下都市の人達やイルカさん達にも・・・

早速、入れることにしました。


皆さまのお越しをお待ちしております。




2018/04/23

東京でのセミナー・セッションを終えて

昨日の東京でのセミナーは、

全く初めての方(セッションは受けられた事がない方)から、

最終セッションと呼ばせて頂いたセッションまで受けて下さっている方まで、

セッションを受けて下さっている段階が様々でした。

そこで、急遽それぞれどの様に違っているのかを、

参加者の方達と一緒に感じてみることに致しました。


マトリックスからの脱出という観点から考えて、

どういうセッションまで受けて頂く事が必要なのかを見てみたかったのです。

繊細な違いを感じる事は出来ませんでしたが、

最終セッションを受けて下さった方、その前のセッションを受けて下さった方に関しては、
(その2つのセッションの違いの詳細はまだ分かっていません。
ただ、最終セッションはそれまでのセッションとは少し傾向が違っていたかと思います。)

それまでのセッションを受けて下さった方とは別ものだ。

というのが感じて下さった方々の概ねの意見だったようです。

感じ難い私でも、それは感じました。

勿論セッションだけではなく、意識というのが大事なのは言うまでもありません。

セッションと意識の拡大はセットです。


昨日はすっかり忘れていましたが、

妹のお義父様の事を今朝になって思い出しました。

脳梗塞になられた時に詰まりを取らせて頂きましたが、

とても細くなられていた血管の事もあり、

アセンションセッションを受けて頂きました。

そのセッションをしても良いかのチェックもして、

遠隔でさせて頂きました。


その後は、本来のご自身にどんどん近づいていかれたのでしょう。

今までのお義父様とは違う面を見せて下さっていたそうです。

主人にも言えるのですが、

行動が変わって来るのです。

今までなら、何か理由をつけて行動しない事を選んでいたのが、

軽く行動に移すようになっています。

変な理由を考えだす行程がなくなったようです。

すると、今までの主人ではないのです。

ゴチャゴチャとした行動しない為の言い訳を聞くことがなくなりました。

新しい事も抵抗なくやってみよう。と、なっているのです。

そういう事が当たり前になると、いろいろな事が出来るようになっていくのだなぁ。

そう思わせて頂いています。


お義父様の話に戻します。

お義父様にはアセンションセッションだけを受けて頂きました。

お義父様が亡くなられる前のお義父様の言動をとても興味深く聞かせて貰っていました。

以前からブログをお読み頂いて下さっている方は覚えておられるかと思います。

全くの記憶喪失状態ではないお義父様になっておられました。

この世界の人には知らない情報なども当たり前に知っているような口ぶりや、

地球ではない何処かから迎えが来るのを待っておられました。

夜家の前で荷物を用意して仲間を待っておられるご様子は、

可愛いと思わせて頂いておりました。

その後のお仲間たちとの交流のご様子も、

私たちには見えないけれど、お義父様にはそうではなかったようです。

亡くなられた時にも不思議満載でしたが、

マトリックスの世界から脱出されたのはそうであったでしょう。

お義父様のご経験は多くの気付きをくださっています。


では、私がその後のセッションを次々にしているのは何故か?

という事になります。

マトリックスの世界から脱出するのだけの目的ではない。

という事にならないでしょうか。

元に戻る為にだけではない、

面白い事を考えての事だと思います。


話は変わります。

昨日のセッションで京都でした事を省いたもの、

追加したものがあります。

追加したものとしては、

私が体験したイベントのエネルギーを皆さんに感じて頂きました。

そして、そのエネルギーによって、

自分は抵抗なく滞りなく軽くなっているのか?

を感じて頂く事をしました。

もし、滞りがあれば、どういう考え方や行動が原因かを探って頂きたいのです。

京都でのセッションを受けて下さった方々にメールでエネルギーを送らせて頂きます。










2018/04/21

記憶の内容が変わってくる?

“エイリアン インタビュー”に

全てのスピリットは同じではない。

一人ひとりがその独自性、力、認識と能力において完全に独自です。

と、書いてありました。

そのように私も思います。

記憶を取り戻すことで取り戻せるのではないかと思います。


それとは別にですが、

記憶喪失であろうがなかろうが、

基本的に大きくは変わらないのではないかと思うものもあります。

概念によって影響するものはあるでしょうが、

素直な方は環境に影響されることなく素直であったりします。

物事の捉え方にも元々持っておられるものがあるのだと思います。

それは変わらないものなのか、

意識が変わる事によって変わって来るのでしょうか。


明日のセミナーに向けて、

見直しについて、自分の経験を踏まえて説明しようと思う部分もあるのですが、

その辺りの記憶が薄れて来ています。

京都のセミナーの時は分かっていたのに、

記憶が曖昧でそれを思い出そうとしても、

おぼろげになっています。

記憶がスルッと抜けているような感じです。

見直しに対しての説明は出来なくなるのかもしれません。

もう、見直しというステージにはいない。

そういう事なのかもしれません。