2017/04/24

もう一度チェックを・・・

昨夜は、寝る2時間程前に少し眠ってしまいました。

そういう時にいつもと脳波が少し違うのが分かる時があります。

昨日もそんな感じでした。

寝ようと横になると、いつもとは違って、

寝ている間の行動が垣間見れます。

昨夜は何かをチェックしていたようです。

幾つもチェックをしていましたが、

チェックの度にうなされそうになるくらい苦しかったのを覚えています。


今を生きていると、覚えていなくても良いような事は瞬時に忘れてしまいます。

そして、未来の事を考えると苦しくなってきます。

自分の事ではなくて、

町内の役で、準備しなくてはいけない事があるのですが、

その事を考えるだけで少し苦しい感じです。

考えなくてはならないのですが、

その後、今すべき事を思い出して修正するようにしています。

そうでなければ、今に集中しにくいのです。

こういう状態ですから、

以前のような仕事が出来るはずもないですし、

この世界では生きにくくなっています。

生きにくくなっている事に希望を見ています。

違う世界が近いのでは?を意味するからです。


以前に今・過去・未来の何処に意識が向いているのかをチェックして頂きました。

もう一度なさってみて下さい。

ただ、未来や過去に大きく意識を向けている方は、

少し気持ちが悪いかと思います。

というより、チェックする前から気持ち悪さを感じておられるのではないでしょうか。

この気持ち悪さの原因は何なんだろうと・・・




スポンサーサイト
2017/04/23

新しい概念

昨夜は寝ようと横になると、

硬直とはいかないまでも全身にエネルギーを感じていました。

一瞬寒気があったかもしれません。

エネルギーに対する身体の反応は、そう長い時間ではなかったと思います。


朝目覚めて、

概念について更に進めなければならない。

そのように思いました。

昨日の朝の寝入りばなに見たビジョンについても、

その後、思う事はありました。

私たちより次元の高い存在の中には、身体が透けて見える存在もいらっしゃるそうです。

昨日のビジョンは、私たちもそうなる。という事を意味しているのかもしれません。

随分前の事になりますが、

個人セッションを受けて下さった方が、

セッション中に私の身体が透けて見える。

と、おっしゃっていました。

今まで不思議と思っていた事も当たり前になる必要があるのかもしれません。



してもらった事は当たり前で、特に気にもかけない。

してあげた事に対しては感謝して欲しいし、

自分も認められたい。

こういう傾向が残っておられるのだとしたら、

方向性が一致することはありません。

逆に、

していただいた事に感謝して、

させていただいた事に対しては、

気にも留めない。

そういう傾向が当たり前になっているでしょうか。


昨夜のエネルギーは、私たちが今までの形態でなくなれば、

必要とする生命を維持する為のエネルギーも違ったものになるでしょう。

それを取り入れる準備というような感じでしょうか。

新しい私たちの概念とは・・・





2017/04/22

自動書記 1

今夜は私たちが大きな前進をする日になるでしょう。

私たちの意識深くに眠る何かが表面化してきます。

何かの始まりです。

何かは想像するよりも、ワクワクをもって迎えてください。


青字は自動書記によるものです。



今朝二度寝したのですが、

その寝入りばなにビジョンが見えました。

いつものようにじっくり見る事は出来ずに、

どんどん違うビジョンに変わるのですが、

それらのどれもが植物でした。

大きな草花ではありませんでした。

そのどれもが、透けていたのです。

葉脈なども分かる、とても綺麗なものでした。


その後に見た夢ですが、

私は化粧水などを作っているのですが、

使う人によって成分や分量が違っています。

何の為に成分や分量が違うのかは分かりませんでした。




2017/04/21

次に・・・

私たちは次なる道を進もうとしています。

それは、自分を通して現実を投影させる世界へ進むことです。

私たちが自分というものを表現する為に作り出す世界です。


今日は、次に進む時だと感じました。

その為か脳内の動きが激しいようです。

このブログを書いている間も左目の奥が痛いくらいです。


次の世界に影響するのが、

概念だということはお分かりでしょう。

何を信じているか、考え方に大きく影響します。

その考え方が反映するのです。



2017/04/20

老いとは・・・

“今に生きる”は、それが当たり前の世界になるのでしょう。

過去や未来がない。

“今”しかないのが、地球などより進んだ世界では当たり前なのかもしれませんし、

だからこそ、老いもないのかもしれません。


主人の頭部がどう変化しているのか、

気になって観察してしまいます。

すると、今日つむじらしきものを発見。

1か月程前に、つむじの話になり、

私が2つあるので、主人のも見てあげようとしたら、

つむじらしきものが全く見当たらず、

もう無くなっていたんだ。と、思っていました。

あと何年かで、サザエさんの波平さんのようになるのか?

と、思っていたのですが、

黒い髪が全体に生えてきているので、

どうなるのか楽しみながら観察しようと思います。



2017/04/19

振動について

横になると、振動がほんの少し感じられる程度になっています。

いつごろから振動を感じるようになったかは、

以前のブログを消去したので分かりませんが、

結構年数が経っています。

強く感じていた時もありましたが、

徐々にふり幅といえば良いのでしょうか、

小さなものになってきました。


私が考える事であり、実際にそうなのかは分からないのですが、

例えば、駒で考えてみます。

肉眼に見えるものしか信じていない人は、

全く回そうとせずにいる駒のように動く事はないのではないでしょうか。

ただ、振動を感じにくい方もいらっしゃるので、一概にそうとも言えませんが。

肉眼に見えない世界、精神性に意識が向き始めると、

駒は回っている状態になるのではないか。

と、思います。

見直しを進めると、回る速さが変わって来るので、

早く回るようになると揺れが小さくなるのではないかと思います。

それが周波数の変化という事でしょうか。

見直しと“今を生きる”で、回転が速くなるイメージでしょうか。

“今を生きる”は過去に囚われることなく、

未来に対して思い悩む事もなく、

何故か楽しくなるように思います。



2017/04/18

どちらに意識を向けるか

今思えば、

主人は体調が急に悪くなった頃から、

認知症らしき言動はあったのだと思います。

入院後初めて会話をした時は更に進んでいたのですが、

意識障害だと思っていて、

医師から言われるまでは、

そうだとは、認識することが出来ませんでした。

その間の事は何も覚えていないようですが、

自分も分からない間に、記憶が残らないようになってしまう。

主人は元に戻ることが出来て幸運でしたが、

そうでない方もいらっしゃる訳です。

エネルギーを入れさせて頂いたとしても、

認知症の状態に戻ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

根本的なところを見直さなければ意味がないのでしょう。

主人は素直に受け入れてくれるようになったので、

認知症の状態には戻っていませんし、

穏やかになってきています。


昨日アドバイスしたのが、

何に意識を向けるかです。

自分が十分に回復していない部分に集中してネガティブになるよりも、

良くなってきた部分に注目して、

良かった!と、ポジティブな気持ちでいる方が、

楽しいでしょう。と・・・

考え方次第で、ネガティブにもポジティブにもなれます。

自分の中からネガティブ思考を綺麗さっぱりと無くす。

その為に、過去のわだかまりなども無くそう。

そして、ネガティブ思考に繋がる根のようなものをクリアにするのです。



主人との会話が、とても心地の良いものになっています。

素直に前向きな話が出来ています。

知り合ってから一番心が近くあるように思います。


今を生きると、心に余裕のようなものが出来るように思います。

やるべき事をして、自分の心地よい状況を作る方に意識が向くようです。

大好きな花を飾りたくて、少し遠くても行こうかと思ってみたり、

花の香りが好きな方にもその心地よさを共有したくて・・・

そういった幸福感を感じられる“今”と、

不満だらけの“今”は、全く違った周波数ではないでしょうか。


2017/04/17

今を生きる

昨夜は、何か大きな気付きがなければ進めない方がいらっしゃる、

その為に、何かが必要だと思って眠りました。

目覚めた時に足が少し筋肉痛のようになっていました。

感じていたのは、今に生きる事の大切さでした。


やはり大事なのは、今に集中して生きているかではないかと思います。

過去の出来事や人に対して、

わだかまりなどは残していないか。

すっきりした状態が今というゲームを生きている事にならないでしょうか。

わだかまりなどを残していれば、

幾つものゲームを残したままにならないでしょうか。

分散しているのではないかと思います。

もしかしたら、何を見直すのかも分散してしまうかもしれません。




2017/04/16

いろいろ書いてしまって・・・

私たちは多くの選択をして、

行動したり、しなかったり。

その選択には概念が大きく関係していることは、

皆さんもお分かりだと思います。


この世界の概念から卒業して判断する時に、

何を元に決定するかがとても大切です。

色々なことを考えて、概念でガチガチになったものを元に行動に移すと、

この世界的であり、楽しくもなく、

今までの自分の域を越えることはないではないでしょうか。


入院中の主人は、だんだん良い状態になってきていますが、

一安心したのか、

まだ食べる練習の段階なので、満足に食べられない事が不満なのでしょう。

その不満に意識が集中しているようです。

そうすると、意識は下がります。

主人にその事を伝えると、

「調子に乗りやすいからな。」と、自分を反省していました。

良い状態でない時は、頑張って見直しをしたとしても、

そこから脱すると、すっかり見直しをしなくなる。

そういった方が多いのは知っています。

メビウスの輪から卒業できないかと思います。


必要な事は必要な時に起こる。

その基本をもう一度しっかり確認してください。

こうなって欲しい。という願望も、

結果に対して具体的な思考を挟まない事。

必要なことしか起こらないのだとして、

自分の思考がそれを妨害することがあるのであれば、

考えない。

何もしないのではなく、

思考の外にある感覚から掴んだことを行動する。

そういうことが必要ではないかと思います。







2017/04/14

自分を信じる為に・・・

自分自身をどれだけ信じられるか。

それが課題となっています。

自分に自信がなかったから過信することなく進んでこれたと思います。

そこを乗り越える必要があるようです。

前に進むための後押しは感じているのに、

完全なる信頼が状況を変えられると思います。


未熟さは過信に繋がるので、

信じすぎないように自分でブロックをかけていた事に気付きました。

そのブロックを外す時が来たようです。

ブロックを外すと、自信という言葉そのものに対する興味が薄れていきました。





2017/04/13

信じる為に・・・

信じる。という事に関してです。

入院中の主人は、

3月初めはリハビリに熱心ではなく、

「リハビリの先生は無理な事をさせる。」と、いう不満を口にしていました。

「食べられるようになったら、リハビリも頑張るけれど、

今はしんどいから出来ない。」
(肺炎にもなっていたので、1か月以上点滴をしていました。)

そのように言っていました。

「リハビリをして筋肉などもしっかりしないと食べられるようにならない。」

と、説明してやっと納得出来たのかリハビリにも励むようになりました。

リハビリでここまで出来たらという読みも甘くて、

もう、食べられるようになっているはず。

と、いう妙な自信を持っていて、

検査でOKが出ない度にショックを受けていました。

客観的に見て、これが十分出来ていないのに、

その自信というか、出来る事を信じている様子は、

???な感じでした。


こういう所が回復すれば良いという事を納得してくれると、

そこに意識を向けるようになりました。

昨日の耳鼻科の検査はなんとかクリア出来て、
(嚥下の検査です。)

胃瘻せずにすみました。


的外れだったし、集中することも出来ていなかったので、

少し修正するような言葉は掛けましたが、

それを素直に聞いて行動に移したのは主人です。

入院しても当初は聞く耳を持たなかったのですが、

思考の見直しの大切さを少しずつ話合いました。

生まれ変わったと思って変わろう。

そのように言っていました。

文句は言わない。

心から感謝する。

どちらでも良いような事にこだわらない。

人に上も下もない。

そういった事を伝えていって、

素直に聞いてくれて、それは早期に改善されていきました。


自信を持つ、信じるには、

クリアにしておく必要があると思いました。

そうでなければ、的外れにもなりかねないのではと思います。


壁というのは、自分の思考なのだと思います。

概念に縛られた思考そのもの。

ですから、自分の思考を顧みるという事をします。

あまり考える事をしなくなっていますので、

浮かんだ考えはチェックしています。

何かに縛られていないかを・・・





2017/04/12

概念

昨日は脳がよく動いていたので、

忙しかったようです。

夜になって目を閉じると、

薄い薔薇色の光の世界になったようです。

目を閉じて横になった方が、

脳の動きも感じやすいので、

かなり激しく活動していたのが分かります。


目覚めの前に見ていた夢は、

沢山の虫がついている薔薇の葉っぱを一枚一枚取っている。

そのような場面だけを覚えているものでした。

実際に薔薇の時期になると、毎日何度か葉の裏側をチェックします。

虫がついていないか、ついていれば葉を切り取ります。

放っておくと、どんどん被害が拡がって、

花にも影響を及ぼします。

きちんと手入れが出来た時は、綺麗な花を咲かせます。

思考、概念の影響というものを表現したものかもしれません。


話は変わります。

この世界特有の概念を受け入れている状態が、

泥沼にどっぷりはまった状態と例えます。

ご自身の概念が変わって来ると、

その泥沼から顔が出てきて、更には身体が・・・

どんどん現れ出します。

ご自身が泥沼のどの辺りまで這い上がってこれているのか、

お感じになれる方もいらっしゃるでしょうから、

お感じになれる方は感じてみて下さい。

飛び立つ為には、泥沼から這い出す必要があるようです。


生まれて来た時は何もついていなかったのに・・・

今までの当たり前という感覚を見直してみて下さい。

既存のものの中に、新しい概念は存在するのでしょうか。




2017/04/11

次のゲームは・・・

以前よく撮っていた写真で、

楕円形のような形にいろいろなものが写り込んだようなものがありました。

ふと、あれは私の魂ではないのだろうか?

と、思いました。

分離しているように思っていましたが、

その感覚がなくなって、この世界の私が分離された存在ではなく、

全てなんだと思えるのです。


話は変わります。

少し前から引っ越したいと考えています。

私一人の問題ではないので、

行動に移せるのかどうか・・・

でも、私の中でそれは大きなエネルギーとなっています。

自分の中で大きなエネルギーとなる時は分かります。

それを進めないとつまらなくなるのも知っています。

ワクワクする自分と、それにすぐに進めない状態。

出来ない事は、思いつかないし、ワクワクエネルギーは湧き上がってこない。

ただの思いつきやアイデアと内から来るものは違っています。

そのように思っています。

意味があって引っ越したいのですが、

まだ越える事があります。

実現出来る思考を探っています。






2017/04/09

概念を変える

概念を変える必要が何故あるのでしょう。

古い概念を持ったまま新しいゲームには移れないからです。

少し変えても、大きく変わる事はない少しレベルアップしたものです。

それで、満足する人達がいらっしゃるのも知っています。

でも、面白さはちょぴっとです。

概念を変えない。という事は、

古い概念の中で大きく変化することなく、

同じような状況を繰り返す事になります。

同じゲームを延々と続けるのは、

多くの人にとっては楽しいとは言えないでしょう。


自分の人生の変化は感じていました。

どんどんゲームを変えているのも何となく分かっていました。

しかし、それは頭で理解していた事で、

自分の概念が、“そうなんだ”と変わっていたのではなかったのです。

自分の概念が変わるということは、

この世界の当たり前が当たり前でなくなっていくようです。


自分の概念をどんどん変えていく事で、

体験するゲームは更に面白くなっていきます。

状況だけではなく、自分自身がどんどん変わっていくからです。


主人の概念が変わったのかどうかは分かりません。

しかし、面白い変化を見つけました。

広ーい額となっていた、元は髪が生えていた部分に、

髪が復活して来ています。

1~1、5cm位の黒髪が戻って来ています。

無くなっていた髪は戻るものなのですね。

そして、結構な厚さの手の皮がめくれてしまいました。

とても綺麗な手になったのですが、

手相も変わっているようです。

厚い皮膚がはがれる事にも驚きましたが、

そんな事もあるのでしょうか。

まあ、不思議なことは日常茶飯事になっていますので・・・








2017/04/09

夢のような、ゲームのような・・・

ポジティブに捉えようとするのと、ポジティブに捉えられるは違います。

前者は、自分がどのように思っているのかを誤魔化してしまう事になる場合もあります。

自分は本当は良いように思っていないのだけれど、

自分の想いを抑えて良いように考えようとする。

これでは、自分はどのような想いや感情を抱えているのかが見えてきません。


例えば、10年前の私だったら、

主人の言動にカチンと来たとしても、

これも私に必要な事だろうと、我慢という方法で良いように捉えようとしていました。

自分の想いや感情をなおざりにしていたのです。

自分がいつもスッキリしている状態とはほど遠いのです。

自分の想いや感情と向き合い、

自分を顧みる事。

感謝を忘れていないか。

原因を他者に見ていないか。

自分を顧みるべきなのに、他者に目がいっていないか。

など、自分を徹底的に客観視すると、

新しいゲームに移れるのです。


私たちの世界は、夢のようでもゲームのようでもあると思うのです。

流行りのゲームなどはしたことがないのですが、

クリアすると、レベルアップしたゲームに移れるようなものがあるとすれば、

そのような感じです。

顧みていくと、どんどん新しいゲームへと進んでいきます。

大きくレベルアップしたい時は、

大きな壁が立ちはだかるかもしれません。

壁を越える毎に自分のアイテムが増えてくるのかもしれません。

勇気や精神力など。


今朝二度寝した時、

夢だと分かる夢を見ていて、

その夢の内容を自分は変えられる事を知ったのです。

そろそろ、夢から卒業する時期も近いのかもしれません。






2017/04/08

面白いことが・・・

今日はとても面白い事がありました。

毎日病院には行っています。

駐車場の駐車券を取って、

病棟の詰所に着くまでに10分位の時間を要します。

今日も詰所で面会に来た時間を記入して、

たまたまですが、駐車券の時間を見て二度見してしまいました。

今現在の時間だったんです。

14時36分が印字され駐車券と、

面会時間記入の書類に書いた時刻が同じ。

実は、私が重要な事に気付くきっかけに駐車場や駐車券が多いのです。

“今を生きる”について考えていたから、

何かを気付くようにというヒントでしょうか。


“今を生きる”そこに自分の意識が大きく影響しています。

例えば、10年前の私は見直しのスタート地点にも立てていなかったでしょう。

その時の私の意識のままでの“今を生きる”と、

意識が変わった私の“今を生きる”は全く違っているのです。

捉え方が変わる事で、自分の今はどんどん質が変わっていくのです。

おそらく10年前の私の“今を生きる”は、とても重いものであったでしょう。


意識が変わるという事は振動数も変わってきます。

意識が変わる毎に周波数が変わるからでしょうか。

時々、横になると振動を感じる事があります。

その振動数が定着するからでしょうか、

振動を感じるのは1日だけで、あとは感じないようです。

そして、意識が変わると、振動数が変わって・・・

その繰り返しです。


身体に感じる変化や体験も、

意識の高まりの進み具合により、時期も程度も違っているようです。






2017/04/07

宇宙的意識を高める

今までやって来たことから卒業する時期が来たのかもしれません。

前に進むには、時にはキッパリと切り替える必要があるようです。


今気になっているのは、

子供たちの事です。

以前、違う次元の自分の体験を共有出来た事がありました。

教育とは実際に体験して学んでいくんだと知りました。

あの時は、何処にでも移動可能な乗り物に乗って、

深海で実際の生き物を観察して、

食物連鎖について学んでいました。


実際に体験するという意味では、

今の地球は必要だったのかもしれません。

育った環境というのは、子供達に大きく影響を与えるかと思います。

それは、大人になって自分を顧みることで感じられる場合もあります。

そういう状況は、もう卒業してと考えると、

地球(次元が下がってからの)での意識が大きすぎるのではないかと思えました。

今日は、地球人としての意識の割合が少なくなり、

宇宙的意識の割合が増えるようにエネルギーを入れてみました。

(誰もが反応されるかどうかは分かりませんが・・・)

そう思ったのも宇宙連合体からの要請だったのかもしれません。

地球人の意識が変われば、

もっと多くを学び、誰もが生き生きと楽しめる世界を作ることが出来るのでしょう。







2017/04/06

眠りから覚める

昨夜は、横になると直ぐに熟睡したようで、

朝目覚めるまで、何も覚えていません。

ただ、何か考える必要があると感じました。


宇宙連合体のようなものに地球は属せていません。

遠い昔地球人の意識が今よりもずっと高かった時は、

その一員だったのだろうと思います。

長い眠りに就いていた、または眠りに就いたままの状態なのでしょう。

眠りから覚めて、その時の状態に戻り、

更に高める為に何が必要なのでしょう。

そもそも、何故意識を落としてしまったのか、

長い眠りを経験しなければならなかったのか、

根本的なところから見ていき、

そこを改めなければ、元に戻る事は叶わないでしょう。


誰かと自分を比べる事から始まったのかもしれない。と、思っています。

誰かより認められたい。

誰かより豊かでいたい。

誰かより・・・

そういう見方はどんどん自分本位な考え方にならないでしょうか。

それに対して努力してどんどん必要な経験をするのなら、

意識が高まる方向を見つけられるのかもしれません。

ところが努力せずに幸せになりたい。と、考える人も少なくはないでしょう。

それでは、戻るどころか迷路に入り込むだけなのではないでしょうか。


そろそろ、目覚めた状態で、

本来の自分に戻る時ではないか。

と、感じています。

私もです。


少し前から考えていた事が、

その事と関わりがあるように思います。

もう少し深く見ていきます。





2017/04/05

感謝

妹に母やお義母さんの様子を聞くと、

機嫌が良いそうです。

お義母さんは、感謝を素直に表現されるようになられたそうです。

とても愛情深く。

自分を中心に見る傾向にあれば、

感謝というものに結びつき難いようです。

認知症やそれに向かっていた脳をそうでなくしたとしても

皆さんが同じように視野が拡がったりするかといえば、

そうではないかもしれません。

もともと視野が広い傾向にあった方だからこそかもしれません。

感謝出来るようになると視野が拡がるのか、

視野が拡がるから感謝出来るのかは分かりませんが、

関係があるように思います。







2017/04/04

強いエネルギーを・・・

昨日気付くと左目の上が痛くて、

首筋もゴリゴリした感じでした。

これは、とても強いエネルギーを使った時になるものです。

元々この世界の私が意図しなくても、

エネルギーは使っているようですが、

意図しなくて強いエネルギーを使っているようです。


3日間認知症のエネルギーを入れてみましたが、

日によってエネルギーは違っていました。

認知症とまではいかなくても、

脳に何かがある方にもエネルギーは入ったかもしれません。





2017/04/03

深夜の病室で・・・

一般病棟に移って2日目の深夜のことです。

10~15分毎にうなされて目が覚める主人の横で、

少しウトウトした時のことです。

両肩を優しく触る感覚があり、

誰かと思うと主人でした。
(この時主人も寝ていました。)

「変わるから。」そのように言っていました。


意識がはっきりしてから主人に聞くと、

「知らない。」と、言っていました。

違う次元の主人が、そのように伝えてきたのだと思います。

この事で主人は変われる。と、思わせて頂きました。



主人のリハビリの一つに言語のリハビリというのがあります。

嚥下障害の回復の為です。

普段何気なく飲食していますが、

それらに関わる機能についても知ることが出来ました。

無声音しか出なかったのが、やっと有声音になり、

飲食に必要な機能の回復が必要です。

言語のリハビリの場には、殆ど同席していますので、

楽しい雰囲気でという想いから、

主人とはちょっと漫才状態のようなやりとりをして、

先生を笑かしています。


問題があるにも関わらず、見ないふりはされていないでしょうか。

問題があっても、自分の考えを見直さず、

安易な違う方法を探そうとしていないか。

逃げていては問題が大きくなるばかりです。

今までの考えを引きずったままでは、

新しい世界について行くことが出来るのでしょうか。





2017/04/02

精神的に強くなる必要が・・・

1月末位から、

精神的に強くならねば。

そういう状況になりました。

主人はブログに時々登場して貰っていました。

男尊女卑で、自分中心で物事をみる傾向が強かったです。

何か言えば、反発して反対の行動に出る人でした。

エネルギーを感じやすい人ですので、

エネルギーの効果は知っているようです。

ただ、そこに畏敬の念があったかというと疑問はあります。

自分を顧みるより、私のエネルギーで何とかして貰おうという安易な考えがあったようです。


主人が昨秋頃から、

喉が渇きやすい、そして、ノド越しの良いものを好むようになりました。

冬になって体重が減り始めました。

病院に行こう。と、言っても、「絶対に行きたくない。」です。

これは、5年前の胃潰瘍の時と同じで、

貧血の程度が酷くて、「このままだと死にますよ。」

と、診断されて、やっと入院しました。

同じような繰り返しです。


私が何を言ってもダメなんだろうし、

とことん主人に付き合おう。

そうでなければ変われないのかも・・・

そう思いました。


2月になって直ぐに、

こんなに心が揺れたことがない位の状況になりました。

主人の具合が急激に悪くなりました。

意識が朦朧としているので、

病院に行きたくないと抵抗も出来ない状態です。

救急車をお願いしました。

入院してだんだん分かって来たのは、

どれだけボロボロなのかです。

高血糖で血糖値が600を超えていたようです。

後で担当医からは800という数値だったと言われましたが、

800は定かではありません。

600を超えたというだけで十分な情報です。

600を超えると、いつ昏睡状態になっても不思議ではないようです。

主人がこういう事になって、

改めて糖尿病の怖さを知りました。

ICUに一週間程いましたが、

その間に何枚の念書に署名したことでしょう。

高血糖、高ナトリウム血症、脱水、意識障害などが主なものです。

高血糖によって、電解質のバランスが悪くなるのです。

それの怖さを知っていく事になりました。


状況を聞き、署名する度に、

ガーンとなりながら、どのように自分の気持ちや考え方を前向きにもっていくか。

それの繰り返しの日々でした。

どんな事をしてでも、何故病院に引っ張っていかなかったんだろう。

と、いう自分を責める気持ちと、

主人や自分を信じようとする気持ちが入り混じって・・・

一つ解決しては、次々に出てくる問題に、

いつ終わるともいえない苦しさを覚えたこともありました。


ヒーリングだけでは到底出来ないことがあります。

まず、どういう状況かが分からなければ、

どこをどうすれば良いのか分かりません。

この世界でしか分からない事は、知るしかありません。

いろいろな処置をしていただき、どういう状況になっているのかを

教えて頂き、本当に有難かったです。


担当医から説明を受けて、衝撃だったのは、

認知症の状態だという事と、

嚥下状態が回復しないと胃瘻になる。

という内容のものでした。


認知症って、こんなに簡単になるんだ

電解質のバランスの悪さは細胞にまで及ぶのです。

高血糖は脳にも大きく影響するのです。

しかし、認知症と分かれば、

脳が得意な私としては助かりました。

早期に認知症問題はなくなりました。

ただ、他の部分に関しては、

主人の意識によって回復状況が変わって来るのも見せて頂いています。

まだ、脳に関しては治療というのは難しいのでしょう。

脳が司令塔部分であり、機能しないと全体が滞りなく機能するのは難しいのでしょう。

他の人が認知症状態になった時、

どうすれば良い?

私は主人にしてあげられるけれど・・・

そういう体験から、今回のことになったのです。


今回のことをブログに書けているのは、

回復して来ているからです。

主人はリハビリ中で、考え方を改める事をしてくれているようですが、

気になるのが感謝の度数です。

直ぐに文句を言いがちな主人に、

文句を言わず、感謝する事をアドバイスしていますが、

心からの感謝になっているのか、

していただく事が当たり前になっていないか、

もう少し自分を顧みることが必要のようです。


昨日から、エネルギーは入れさせて頂いていますが、

勝手に誰にでも入れさせえて頂く事は出来ません。

要請して下さったからこそ出来ることです。


肉体と精神の融合は数人にしかしていません。

家族の内の何人かです。

精神性が更に現実化を進めるかもしれないのに、

誰にでも入れる事は出来ません。

肉体と精神にプラスして霊性というのも融合してみました。

肉体と精神の融合は、

私の感覚としては、更にブレがないように感じます。

また、何か違いを感じれば書かせて頂きます。






2017/04/02

今日から

昨日肉体と精神の融合をしました。

寝ようと目を閉じると、ビジョンは見えないのですが、

やたら賑やかというか激しく脳や目だけでなく反応していて、

何処かに頻繁に移動して何かをしていたようです。

朝目覚めると、全身筋肉痛で、

指が急に太くなったように、ゆるゆるだった指輪が窮屈でなかなか抜けない状態に

筋肉痛は直ぐになくなりましたし、指輪もすんなり入りました。


昨日融合した時点で、

何に向かうのかも変わって来て、

これから始めようと考えていたことも変えなくてはいけない。

と、方向性の修正を始めました。


認知症に関しては、

一人ずつするような方法では、

いつまで時間を要するのか分からない事に、

違和感を覚えていました。

そんなやり方では・・・

~毎にすれば良いとは考えていたのですが、

昨日までは思いつかず、

この地球にいらっしゃる前の星ごとにエネルギーを入れさせて頂けば良いのでは?

そのように思っています。

私は宇宙連合体のようなものの地球支部という認識でいます。

その立場から考えると、それが良いかと思います。

意識の高い星から順番に3日間に分けてエネルギーを入れさせて頂きます。

このエネルギーは認知症に関するものです。

それぞれの星から要請されたのかもしれない。

と、考えます。