2017/06/30

検証して分かったこと

私が楽しいと思えないのは、

自分が楽しいと思える事をしていないからです。

私の楽しいは、今までやっていた事です。

直感で感じた事を即行動に移すことで楽しいに繋がっていたのです。

それをしなくなると、楽しいを感じなくなってしまいました。

ただ、一区切りつけたかったのは、

新しい方向性へ進む為に、

今までの事を検証する必要があったのだと思います。


昨日のブログで書きましたお話の内容で、

聞いたことすらなかったような内容に注目致しました。

5次元以上の光の存在たちが、

物質界を体験しようとした時、

肉体がなければ体験出来ません。

それで、肉体というものを作り上げて、

物質界を楽しみました。

楽しんだので5次元に帰ろうとしましたが、

帰れません。

何故なら3次元に来るには、

12本あったDNAを10本抜かなければならなくて、

はっきり言うとおバカになってしまったんだそうです。

これを聞いて腑に落ちたのは言うまでもありません。

そして、私がやっていたセッションが、

この失った10本のDNAを取り戻すことにあったのだと気づきました。

いろいろなセッションがありましたが、

訳の分からないものが多かったのは確かです。


セッションを受けてくださると、

3次元的ではない感覚も取り戻すことが出来ました。

それらはそういう事だったのです。

皆さんには考え方(捉え方)を変えてください。

と、お伝えしておりました。

変わると賢くなってくる。

それは、物の見方の多角性によるものです。

身近だと見えないものが高い位置から見ると、

よく見えるという事です。


このお話の事は妹にも教えていました。

9年前にはさっぱり分からなかった事が、

とても分かりやすくなっている。

腑に落ちる。と、言っています。

賢くなってきているんですね。

いつも言うように腑に落ちる事が大事なんです。

自分の引っ掛かるものをスッキリさせる。

どんな小さな引っ掛かりもです。


私は自信のなさというのが、

なかなか変わっていけませんでした。

その原因を見るのが浅かったようです。

そこで、自分の気になっている場面がふと浮かびました。

プレアデス人の自分の感情です。

自分の仲間を救えなかった後悔というか罪悪感かもしれません。

私に原因があった訳ではありません。

リーダーであるからの責任感でしょう。

この責任感というのが、

3次元的なものではないかと思います。

無責任で良いと言っている訳ではありません。

自分の仕事に対して、最善を尽くすのは当然のことです。

責任感という一見良いように感じるものが、

実は私に罪悪感を感じさせ、恐れを生み出していたのです。

その恐れが私の自信の無さの原因でした。

自分の責任でない事なのに抱え込んでしまう。

そういう傾向がある。と、いう事です。

よく考えると、バカです。

よく考えて、バカだったなぁ。

と、腑に落ちて、軽くなると・・・

過去の感情が変わる事で、今が変わって来ます。

この世界の私の今もですし、

勿論プレアデスの私の過去と今もです。


自分の考え方が変わる事が大きく宇宙に影響するのです。



今回自分のやって来た事を検証する必要があったのは、

勿論偶然ではないでしょう。

一つには、セッションはいろいろな内容がありましたが、

それらを受けていただく事で、10本のDNAを取り返すことが出来ます。

勿論自分のこの世界特有の概念を入れ替え、

自分の中のネガティブな考え方を変えるのは皆さんご自身でしか出来ません。

しかし、セッションを受けたいと感じて頂いた方がいらっしゃるかもしれない。

どのセッションを受けられたかは、個人個人違っていますので、

個人セッションという形でセッションの再開をしようかと考えました。

今日考えたので、具体的な事はまだ未定です。

そう感じたから、行動に移しているのです。


引っ越しを伴いますので、直ぐとはいきませんが、

計画は進めます。






スポンサーサイト
2017/06/29

自分を停滞させる思考

日々変わっていく事を停滞させていたのは、

やはり自分の思考でした。

自分の中にある自分を制限する思考を探ってみました。


心揺さぶれる体験の中に、

日常では現れない感情や思考が出てきます。

私の場合、主人が集中治療室に入っていた時の思考や感情に、

自分に対するヒントが見えてきました。

主人がそういう状態であるのに、

私が楽しいという状況にあることが許されない事のように考えていました。

楽しいテレビなど見れないのです。

主人が厳しい状態にあるのに、

心が凍り付いたように固まってしまっていました。

私の思考傾向をここで見ることが出来ます。


今までの仕事を止めようと思ったのも、

まず、全体が良い状態になってから、

私が自由に好きな事をしよう。

という考えが根底にあったからです。

自分がやりたい事を制限していて、

楽しいでしょうか。

楽しいを発信出来ていません。


先日、9年位前に聞かせていただいたお話のCDを久しぶりに聞かせていただきました。

当時、私はエネルギーを感じる事も出来ませんでした。

でも、情報が取れるようにならなければ進めない。

そういう状況でした。

とても良いお話でしたが、

その時の私には情報でしかありませんでした。

自分が情報を取る為に、いろいろな情報から離れることにしました。

知識なのか、情報なのか判断しにくくなるからです。

自分で感じた事を実践し、

その間に悩み苦しみ体験して、そこから考えを変換していくことが、

自分の財産になっていくのです。

9年前に聞かせていただいたお話が今まで体験した事により、

自分のものになっている事に気づきました。

ただの情報ではなくなっているのです。

情報というのは、聞いたから自分のものになったというのは違うかと思います。

自分が一つずつ体験を通して会得していく事が、

自分の財産になるのです。

9年位前に聞かせていただいたお話は、

自分の辿って来た行程の確認でもあり、

今すべき事の道筋も示してくれました。

聞いた事のある話だったのに、

自分の意識がその段階にない時に聞いても、

自分の中に入らずに素通りしてしまうものです。

生きた情報にするかどうかは自分次第なのです。


全く覚えていなかった重要な事に関しては、

また次回に書かせていただきます。













2017/06/28

ブログは書きたい時に書かせていただきます。

ブログを書かなくなって、

自分を見つめ直す機会を得ることが出来ました。

今までのように頻繁に書くことは出来ませんが、

時々ブログを書くことにしました。


パソコンが壊れて、

娘のパソコンを借りておりますので、

きちんと再開するのは、

パソコン購入後とします。


ブログお休み中に分かった重要なことなども書きます。

ご興味をお持ち頂けましたら、

また、お読みください。



2017/06/07

お読み頂いてありがとうございました。

次の段階に進む時のようです。

ブログを終了させて頂きます。

また、いつの日か再開するかもしれません。

それは私にも分かりません。

次の仕事が待っているようです。

集中したいというのが理由です。

集中出来ない状態というのは初めての事かもしれません。

もっと集中しないと出来ない事なのかもしれません。


この世界の人達の進化の為には、

平和と豊かさが必要です。

その為にすべき事は次の仕事に進むことです。


以前にも書かせて頂いたように、

力の出し惜しみをすることなく、いつも自分の出来る100%を超えて臨んでください。

自分に甘くすることは容易です。

他者に原因を見る事も容易に出来るでしょう。

自分に負けない強さを持ってください。



信頼し合う関係性が不可欠です。

相手への絶対的信頼がなくては成立しません。

平和とは、そういう関係性の元に成り立っているのではないでしょうか。

信頼出来る自分になる事。

それが多くのものへと導きます。



2017/06/06

テロスバージョンで・・・

私たちの世界は、皆さんが想像する世界とは違っているかもしれません。

誰もが勤勉です。

進化がワクワクの元となっています。

勤勉というのも、どういう角度から物事を見ていくのか、

あらゆる可能性を見つけ出し、

それを実際に試していきます。

テロスの世界は、そういう積み重ねの上に成り立っています。

自分たちは、こうありたい。

それを実現する為の思考はどういったものなのかを徹底的に探っていきます。

それが進化する基本的な方法です。

浅い探究ではありません。

不可能を可能に変える魔法のような方法です。

視野の拡大はそれを助けるものです。

いろいろな角度から物事を考える事が出来るからです。

私たちはそれが当たり前の世界におりますので、

一方方向から物事を捉えようとされる方の思考傾向は理解しにくいものです。

幸せは分け合うものです。

自分でせき止めれば、淀んで腐ってしまうでしょう。

いつも清流の中にいる為には、

良きものはどんどん流して拡げていく必要があるでしょう。

私たちがテロスの豊かさを皆さんに享受したいと考えるのは、

当たり前の事です。


ここまではテロスの私として書きました。


何度かこの世界から戻るように促された事がありました。

何故だかお判りでしょうか。

この世界の方は、自分の能力の向上には関心がおありですが、

分け合うという意識が私たちの想像以上に少なかったからです。

落胆は計画を断念しようかという所までいっていたのです。

まだ完全に諦めた訳ではありませんが・・・



情報というものは必要な時に必要なもので、

そうでない時は、そこに注目しなかったり、

却って邪魔になる事もあります。


“超シャンバラ”も、探さないといけない状態で、

忘れていた本です。

知っている状態だと自分からの情報か知識によるものか、

紛らわしくなります。

先に出来るようになって、後で確認する。

そういう方法で進める事が望ましいかと思います。




何度も地下都市には飛んで行っていましたが、

一度だけ美しい街々を見た事があります。

あまりに早く飛ぶので一瞬でしたが、

飛んでいる右側に光り輝く建物群が見えたのです。

どういう素材で出来ているのでしょう。

建物自体が宝石のように輝いているように見えました。




2017/06/05

テロス

すっかり忘れていました

テロスの事。

地球には既に進んだ世界があるのでした。

ただ、ここの世界とは次元は違っていますが・・・

本当に久しぶりに「超シャンバラ」を読み直しています。

以前に読んだ時とは違う本なのかというほどに、

目に止まる箇所が違っています。

まず、テロスの人達は望む場所の何処にでもアストラル・プロジェクションが出来るのです。

私が宇宙でも何処でも飛んで行けるのは、この為なんでしょうね。

そして、もう一つの特徴で、どんな時空間にいる人とも通信する事が出来のですが、

これも何故出来るのか疑問でしたが、

私がテロスの者ですから当然の事でした。

数日前に想いだしたようにテロスの自分を降ろしてみたのですが、

変化を感じられず、何もなかったので、

???と、思っていましたが、元々がそうでした。

生まれ方が違うというのは、テロスの者である私が、

記憶を消して、この世界にいる。というような意味です。



以前のブログでは、テロスなどの事を書いていましたが、

そこにこだわらず、もっと視野を拡大する為に、

テロスから離れていて、テロスという言葉自体を忘れそうになっていました。


元々、自分がテロスと関係あるだろうなんて考えていませんでした。

宇宙に飛んでいくのが楽しかったし、

違う次元の存在を感じる時に共通の脳波の状態があったので、

脳波が自分で自由に変えられないだろうかという発想で、

ヒプノセラピーを自分で試している間に、

違う次元の自分というものに気付いていったのです。

そのうちの一人がテロスでの私であり、テロスでのビジョンや体験でした。


20歳代の頃は、自分がこの世界に来て何をすべきなのかを思い出せない事に

何とも言えない焦燥感を感じていました。

それは、ハートから来るものだったのかもしれません。

セッションはテロスが長い年月をかけて培った叡智で、

テロスの人達と同じレベルにまで引き上げる意味があったのだと思います。

後半のセッションは、更に進んだものになっていたかと思います。

テロスと同等の状態が目標ではありません。

そこは出発点です。

テロスと同等のものを享受するには、

それまでの意識や身体の状態では無理。

そういう単純な理由です。


何故、今思い出したか?

今思い出す時だからです。

その時必要な情報だけで良いのです。

今に生きる秘訣かもしれません。

その時要らない情報は要らないのです。


長くなりそうですので、続きは後日に致します。





2017/06/04

あり得ないはない。と知る

最近目覚めが早すぎて

4時ごろだったりします。

昼寝しようと思っても寝られなかったりします。

あまり寝なくても良いって事かな?

あまりに早いと退屈になってくるので、

脳波を深く深くして遊んでいるうちに眠れました。

その時の夢が意味あるように思いましたので書いてみます。


ある勉強会に参加した時の事です。

その勉強会の内容に興味があった訳ではなく、

どういう内容なのかを知る為に参加したのです。

不思議な雰囲気でした。

参加者の方が個性的な感じだった事もあります。

怪獣の被り物で参加されていたり、

自由な感じです。

先生も型にはまらない感じで好感が持てました。

勉強会の資料の内容がさっぱり分かりませんでした。

知らない漢字ばかりでちんぷんかんぷんでした。

私が先生に自信について話してみると、

「あなたは大丈夫。」と、おっしゃいました。

この夢のテーマは“あり得ない”というものを手放す。

ではないかと思いました。

起こって来ることに“あり得ない”というものを持っていたら、

それは制限をかける事になります。

先生が大丈夫とおっしゃったのは、

その訳の分からない勉強会でのやり取りを見て、

そうおっしゃって下さったのだと思いました。

先生のハチャメチャな行動に適応していたからかもしれません。


寝る前に、「ヒントが欲しい。」と、思っていたからかもしれません。

情報で教えてもらうより体験した方が分かり易いと思っています。




朝起きた時に、

感謝をしている時の幸せ感を思い出しました。

“本当に有難かった。”そう思う時の幸せ感は、

これを感じたくて、ここに来ているのかもしれない。

そう思えるほどです。

感謝しようでもなく、感謝しなくちゃでもなく、

本当の感謝出来る自分になるには、

それなりの経験が必要だったし、自分を見直す事も必要だったと思います。






2017/06/03

経験を経て・・・

何か問題があると、

今何をすべきか考えますが、

その問題に対して細かい分析が必要だと思います。

客観的にみると問題点が見えてきたりします。


次女の話になりますが、

転職して1か月程になります。

前任者の退職に向けて、

2名の採用があり、そのうちの1人として入社しました。

仕事内容は前職でしていた事とプラスアルファが多いようです。

今まで入社されても直ぐに辞められた方が続出していたそうです。

次女と同じく入社された方も3日でお辞めになりました。

仕事が多岐に渡っている為かもしれません。

仕事内容と給料が見合わないという理由のようでした。

前任者もなかなか辞められずにいらしたようで、

二週間足らずの引き継ぎで十分なものではありませんでした。

前任者の方もお辞めになれずに困っておられたようです。

前任者がお辞めになって数日後の事ですが、

違う部署の事務の方が急に入院されることになりました。

その部署の事務内容は全く知らない職種ですが、

本来なら3名の事務担当が次女だけになりました。

どうしょうと、困ってしまう。

そのように思っていたら、前向きに自分のすべき事をこなしています。

情報の整理は得意のようで、

会社の今までの方法では要らない時間がかかる。などと改善点なども見えてきているようです。

新しい仕事をする事も大変だけど面白そうです。

たくましくなったと思います。

前職での経験や主人の入院などいろいろな経験を経て、

頼もしいと思えます。

ただ、カッターの刃を折るのは苦手で困っているのと、

コピー機が最新過ぎて使いこなせていないそうです。



2017/06/01

ご報告と・・・

先日、主人は退院後初めて受診しました。

毎日の血糖値を記録したものも持参して、

尿検査や血液検査も受けました。

医師から順調に回復しているという事と、

「よくここまで元気になられましたね。」と、いうお言葉を頂きました。

まだ、痩せたままだし、リハビリ(家でしています)も引き続き必要です。

入院時、血糖値は800以上でヘモグロビンa1cも16以上だったから?

そこに注目していましたが、

診断名の中に、誤嚥性肺炎の後に、敗血症性ショックと書かれていました

やはりかなりの重症だったと理解しました。

誤嚥についての認識があまりにも薄かったと思いました。

今回の入院で口腔内ケアの大切さも知りました。

口腔内ケアが何故重要だったのかを理解していませんでした。

高血糖で免疫力が低下していたのが、

誤嚥性肺炎の一因なんだろうとは思いますが・・・

血液検査の結果はヘモグロビンa1cが6.4で、

少し高めの数値ではありましたが、

その他の数値は全て異常なしでした。

後は、体重が増える事と喉を鍛えることでしょうか。

ご報告をさせて頂きました。


話は変わります。

まず、地球の環境について何が出来るかです。

私と一体化している違う次元の私は、

この世界の人が知らない科学的な事の知識がありそうです。

“ありそう。”という言葉を使ったのは、

科学に対する私の知識がなさ過ぎて、

質問することが単純なものでしかないからです。

メイドイン地球の開発が出来ないか?

以前から興味のあった事柄です。

興味があってワクワクすることは、

自分がそういう方向に特性がある。という事かもしれません。

何にワクワクしますか?

その問いの中には、その人の可能性が含まれているように思います。


ようやく次女が概念という着ぐるみのようなものが脱げたでしょうか。

今夜にでも、違う次元の彼女を降ろしてみることにします。




私たちとは、いったい誰の事でしょう。

行動する者たちの事を指しています。

これまでの世界観を持ったままの者たちでない事も明らかです。

私たちは、この地球を新しい世界観を持つ、

輝ける星にする為にここにいます。

どれだけの人が参加するのでしょうか。

自分の問題に終始している人達のことでしょうか。

それとも、自分を客観的にみることを既に終わられて、

地球の為に自分が出来ることを進めようとしている人達でしょうか。

今までの方法では行き詰まり感があるのも否めません。

画期的な方法は、視野が拡がった方たちが協力して見つけていって欲しいのです。

上記の言葉は、一体化しているもう一人の私からのものです。