2017/06/01

ご報告と・・・

先日、主人は退院後初めて受診しました。

毎日の血糖値を記録したものも持参して、

尿検査や血液検査も受けました。

医師から順調に回復しているという事と、

「よくここまで元気になられましたね。」と、いうお言葉を頂きました。

まだ、痩せたままだし、リハビリ(家でしています)も引き続き必要です。

入院時、血糖値は800以上でヘモグロビンa1cも16以上だったから?

そこに注目していましたが、

診断名の中に、誤嚥性肺炎の後に、敗血症性ショックと書かれていました

やはりかなりの重症だったと理解しました。

誤嚥についての認識があまりにも薄かったと思いました。

今回の入院で口腔内ケアの大切さも知りました。

口腔内ケアが何故重要だったのかを理解していませんでした。

高血糖で免疫力が低下していたのが、

誤嚥性肺炎の一因なんだろうとは思いますが・・・

血液検査の結果はヘモグロビンa1cが6.4で、

少し高めの数値ではありましたが、

その他の数値は全て異常なしでした。

後は、体重が増える事と喉を鍛えることでしょうか。

ご報告をさせて頂きました。


話は変わります。

まず、地球の環境について何が出来るかです。

私と一体化している違う次元の私は、

この世界の人が知らない科学的な事の知識がありそうです。

“ありそう。”という言葉を使ったのは、

科学に対する私の知識がなさ過ぎて、

質問することが単純なものでしかないからです。

メイドイン地球の開発が出来ないか?

以前から興味のあった事柄です。

興味があってワクワクすることは、

自分がそういう方向に特性がある。という事かもしれません。

何にワクワクしますか?

その問いの中には、その人の可能性が含まれているように思います。


ようやく次女が概念という着ぐるみのようなものが脱げたでしょうか。

今夜にでも、違う次元の彼女を降ろしてみることにします。




私たちとは、いったい誰の事でしょう。

行動する者たちの事を指しています。

これまでの世界観を持ったままの者たちでない事も明らかです。

私たちは、この地球を新しい世界観を持つ、

輝ける星にする為にここにいます。

どれだけの人が参加するのでしょうか。

自分の問題に終始している人達のことでしょうか。

それとも、自分を客観的にみることを既に終わられて、

地球の為に自分が出来ることを進めようとしている人達でしょうか。

今までの方法では行き詰まり感があるのも否めません。

画期的な方法は、視野が拡がった方たちが協力して見つけていって欲しいのです。

上記の言葉は、一体化しているもう一人の私からのものです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント