2017/06/05

テロス

すっかり忘れていました

テロスの事。

地球には既に進んだ世界があるのでした。

ただ、ここの世界とは次元は違っていますが・・・

本当に久しぶりに「超シャンバラ」を読み直しています。

以前に読んだ時とは違う本なのかというほどに、

目に止まる箇所が違っています。

まず、テロスの人達は望む場所の何処にでもアストラル・プロジェクションが出来るのです。

私が宇宙でも何処でも飛んで行けるのは、この為なんでしょうね。

そして、もう一つの特徴で、どんな時空間にいる人とも通信する事が出来のですが、

これも何故出来るのか疑問でしたが、

私がテロスの者ですから当然の事でした。

数日前に想いだしたようにテロスの自分を降ろしてみたのですが、

変化を感じられず、何もなかったので、

???と、思っていましたが、元々がそうでした。

生まれ方が違うというのは、テロスの者である私が、

記憶を消して、この世界にいる。というような意味です。



以前のブログでは、テロスなどの事を書いていましたが、

そこにこだわらず、もっと視野を拡大する為に、

テロスから離れていて、テロスという言葉自体を忘れそうになっていました。


元々、自分がテロスと関係あるだろうなんて考えていませんでした。

宇宙に飛んでいくのが楽しかったし、

違う次元の存在を感じる時に共通の脳波の状態があったので、

脳波が自分で自由に変えられないだろうかという発想で、

ヒプノセラピーを自分で試している間に、

違う次元の自分というものに気付いていったのです。

そのうちの一人がテロスでの私であり、テロスでのビジョンや体験でした。


20歳代の頃は、自分がこの世界に来て何をすべきなのかを思い出せない事に

何とも言えない焦燥感を感じていました。

それは、ハートから来るものだったのかもしれません。

セッションはテロスが長い年月をかけて培った叡智で、

テロスの人達と同じレベルにまで引き上げる意味があったのだと思います。

後半のセッションは、更に進んだものになっていたかと思います。

テロスと同等の状態が目標ではありません。

そこは出発点です。

テロスと同等のものを享受するには、

それまでの意識や身体の状態では無理。

そういう単純な理由です。


何故、今思い出したか?

今思い出す時だからです。

その時必要な情報だけで良いのです。

今に生きる秘訣かもしれません。

その時要らない情報は要らないのです。


長くなりそうですので、続きは後日に致します。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント