2017/07/08

経験から・・・

5次元へアセンションして帰りたい。

そういう方もいらっしゃるのかもしれません。

妹のお義父様の場合はそうだったのかもしれません。

お義父様の場合は、セッションを受けていただくというよりも、

脳梗塞が再発しないようにという目的で、

アセンションセッションを遠隔でさせていただきました。


その後のお義父様の変化を興味深く、

そして楽しく聞かせていただいておりました。

意識を高めていかれ、星のお仲間がお迎えに来られたご様子も、

妹からとても面白く聞かせて貰っていました。

その時お話なさる内容が地球人では知らないような内容だったのも

興味深かったです。


お義父様に受けていただいたのはアセンションセッションだけでした。

身体を伴わない5次元へのアセンションの例かと思います。

お帰りになる前に、お義父様のお仲間への次元上昇も頼まれたのでした。


アセンションが次元上昇という意味で使われるのなら、

意識においてであったり、身体においてであったり、

他にもあるのかもしれません。


5次元へのアセンションでも、

身体を伴った場合と、伴わない場合の違いが幾つか見えてきました。

まず、伴わない場合です。

時期はその人の意識次第で、集合意識は関係ありません。

そして、帰ることを自覚しておられます。

その前に星のお仲間との交流があるようです。


次に、身体を伴う場合です。

時期は限定されているようです。

エネルギー的な高まりと集合意識が関係しています。

移行しても、何か違う感じくらいです。

移行する人達がもっと多くて、

今までの世界とは違っている世界へ移行するという時も来るのかもしれません。


昨日面白い事がありました。

太陽を見た時、夕方近く薄雲がかかっていたようです。

濃いピンク色に見えました。

そういう色に見えたのは初めてでした。

その後、歯磨きをしたのですが、

前歯にピンク色の丸いものが付いているように見えました。

何が付いているのかと鏡に近づけると、

その丸いものが移動します。

太陽を見た時の残像のようでした。

しかし、残像といえば、補色である反対色になるのでは?と思いました。

数日前にふと空を見上げると、

薄雲がかかっていた為か、一瞬満月かと思うような丸い太陽が見えました。

今までも見たことがあったのかもしれませんが、

太陽の本当の姿を確認したように思えました。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント