FC2ブログ
2018/08/05

自分の世界を感じてみる

昨日の深夜、ふと目が覚めたのですが、

“この世界にいたくない。”

そういう感情が溢れて来て、

とても苦しい気持ちになっていました。

そのように思っているのが、

この世界の私ではないのです。


今までも知らない内容の事も知っていたりして、

夜中に自分の中から感情であったり、

言葉を発したりで登場していました。

以前は、「帰らない。」と、駄々をこねていたの・・・


朝起きて、そういう苦しい感情はなくて、

昨日の私を客観的にみています。

先日読んでいた本の内容がアルクトゥルス人の事を書いていたからかもしれません。

アルクトゥルス人は使命的なものを最優先する傾向が強いようです。

一般的な本を読むより、

共感する部分が多かったのも面白い自分の変化でした。

数年前にブログでも書いていたかと思いますが、

自分のすべき事を情報として受け取って、

それをそのままする事が良いのだろうか?という疑問を感じている時期がありました。

私の個人的な想いは極力抑えたものを最優先に進める方法をとっていたからです。

ただ、そういった個人的な想いというものがなくなって来た、

この時期に、本来の自分から昨夜のような想いが浮かんで来るのには意味があるのではないか。

と、考えているのです。


この世界が耐えられなくなっているのだとしたら、
(客観的にみると自分の事という見方から少し離れます。)

意識においての様々な次元の人達が混在している世界にいたくなくなっているのかもしれません。

そして、そうではなくなる可能性があるからこそ、

その可能性を進めたいのではないかと思っています。

可能にするには、意思と情熱というエネルギーなのではないかと思っています。

何事にもそれは必要ではないかと思います。

自分の何かが準備を整えている感じがします。


明確な方向性とそれに対する熱意。

そして、それに必要な準備。

準備は整っているでしょうか。

ご自身の世界を感じてみて下さい。

自分の意識の変化と共に変化するものです。

時々その世界を感じてみることで、

馴染んでくるのを感じていただけるかと思います。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント