FC2ブログ
2018/08/10

時間について

高次元へ移行する為に必要な資質とは、

どういったものだろう。と、考えていました。


意識による周波数の変化。

身体の変化。

時間の使い方の変化。

自分の楽しいを知っている。

そういう事が浮かんできました。


上の2つについては今までによく書いていたものです。

時間の使い方の変化について、

私の経験から書いてみます。

50歳までの自分はそれなりの時間を生きていたと思います。

でも、50歳からの9年間は何百年も生きたように感じます。

とても長い時間を過ごしたように感じるのです。

これは、自分の意識が変わってきた事でそのように感じるのです。

人の意識は一生の間にそんなに変わらない。と、“パワーかフォースか”という本に書いてありました。

50歳までの私もそうでした。

その後の10年足らずで、

初めは緩やかに、ある時期から急速に変わって来たと思っています。

勿論まだまだなのは自分が知っています。

日々の気付きから、物事の捉え方が変わります。

その気付き・物事の捉え方の変化が、

意識が変わるということです。

その気付きがどんどん起こって、スピードが上がってくる。

長い時間を生きたのと同じなのではないかと思うのです。

そのスピードと意識は比例しているのではないかと思います。


人は同じように時間を過ごしていると思っているけれど、

そうなのでしょうか。

同じ状態で過ごすことの気持ち悪さを知っていますので、

一日に一つでも何か気付きたいと思っています。



私個人の思い込みを外してしていく作業が気付きに繋がっていきました。

目覚めるとは、自分がどういう状態かを客観的に見れる。

と、いうことではないのでしょうか。

自分の状態を見る勇気がなくて、

真実を見る事が出来るのでしょうか。

誰かがあなたの事を思ってのアドバイスを批判と取る人もいます。

真実からは遠そうです。

真実を遠ざけているのは自分という事にならないでしょうか。



自分の“楽しいを知っている”については次回書かせて頂きます。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント