FC2ブログ
2018/10/13

トラウマ

今朝、主人との会話で自分のトラウマの原因となっているものを思い出しました。

イチジクの話になり、

子供の頃よく遊んでいたちびっこ広場にあった

大きなイチジクの木を思い出したのです。

ちびっこ広場には砂場と小さな鉄棒がありました。

その日も何人もの子供達が遊んでいたのですが、

一人の低学年の子が転んで砂場の角で頭を打ったのだと思います。

頭から少し血が出ていたと思います。

多分、私は固まってしまったのだと思います。

一番の年長者であったのに適切な行動が取れなかった。

自分のすべきことが出来なかった事が心の傷となっていました。

誰からも非難された訳ではないのですが、

年長者としての責任を必要以上に感じてしまったのだと思います。

必要以上に責任を感じるのは重いのだろうと思います。


もう少し見てみると、

プレアデスの自分にも当てはまっている事に気付きました。

自分の責任ではないのに自分の責任のように感じているのです。

客観的にみるとおかしいのに・・・

客観的にみれないのは、この世界の自分だけではなく、

違う次元の自分の傾向だったのだと気付いたのです。

この世界での気付きは、多次元での自分の傾向の気付きでもあるように思います。

違う次元の自分の問題を集約して、

この世界で解決しようとしているのかもしれません。

プレアデスの自分が感じていた責任が要らないものだと、

今なら客観的に見れます。

感傷的になることはありません。
(今までが感傷的だったとも気付きました。)


そういった自分の傾向が反映していては、

自分がどうしたいのかがブレてしまうように思います。

この世界での傾向を外して、

自分がどうありたいのかを考えてみようかと思います。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント