2017/07/16

想像を超えた楽しさ

人生の中で体力的にも気力的にも充実した時期というのは、

とても短かったかと思います。

移行後の新しい世界では、

そういった事がない世界でありたいと思います。

近頃のテーマは若くなる。ですが、

例えば、私が10歳若くなったとしても、

そんなに変わらないかもしれません。

充実した20歳代の容姿で体力。気力とも充実したものになればと思います。

ただ若返るだけではなく、もっと面白くしたい。

そう思っているからでしょうか。

一昨日の夜はその為もあって、

知らない世界(星)へ行ったのだと思います。


違う次元の自分の中でも、

絵を描いているのは、セッションをしている次元よりかなり高い次元になります。

何が出来るのか自分でも想像出来ません。

それだからこそ楽しいのです。

何があるか分からないから。







2017/07/15

描いた絵がスターゲートに・・・

昨日、妹と電話で話していました。

サロンをまだ具体的には探していないのは、

その時期ではないと感じるからだと、

そして、まだ足りない感じだと言っていました。

足りないもの・・・

絵を描くのかなぁ。

そう言いながら、幾つかの三角形を組み合わせた図を描きました。

まあ落書き程度のものです。

その絵を見ていると、次元間を移動出来そうに見えるのです。

夕方になると、フワフワしているのを感じました。

エネルギー不足なんだろうか?

そう思っていたのですが・・・


久々に寝入りばなに飛んでいく感覚がありました。

一瞬ではありませんが、

数秒後、両腕を抑えられていました。

しかも見たこともない怖い見た目の存在に・・・

その時は何なのか分かりませんでしたので、

プロテクトをしたり、

相手の目を見たり。

その後直ぐに場面は変わって、

内容は覚えていないのですが、

夢を見ているかのようにとても美しい色彩の花を見たりしていました。


朝起きて、あの怖い見た目の存在はゲートキーパーだったのではないか?

今までいろいろな所に飛んで行っても、

顔パスだったので、ゲートキーパーという存在の話は聞いた事があっても、

見た記憶はありませんでした。

昨夜飛んでいったのは、魂が経験した事のない世界だったのではないか?

今まで飛んで行ってたのは、知っているものに限られていた。

その事に気付きました。

あの落書きのようなものは、スターゲートなのかもしれません。

どうも、絵を描くことによって、いろいろな可能性が生まれてくるようです。

思いついた図形を描く。

それだけなのですが、何かそういうの好きです。






2017/07/13

苦手意識も・・・

少し前の自分の中に恐れがあった事が分かります。

恐れが不安や自信の無さになっていたように思います。

恐れは、その人にとって前に進むのを妨げるものとなります。

ある人にとっては虚勢かもしれませんし、

自分を客観的に見られなくさせるのかもしれません。

良い事であるかのような言葉で、

自分の心の声を消し続ける事があるかもしれません。


自分を縛っているのは、自分の恐れです。

恐れは前に進めないだけではなく、

恐れの現象をも引き寄せるかもしれません。

勇気を持って内なる心の声に従って

一つずつ自分の恐れの正体を見てみましょう。

恐れのない世界は恐れを現象化することがありません。


自分の苦手なものにも焦点を合わせてみました。

それは英語、英会話です。

中学から得意とは思えないものでした。

何故苦手かというと、基本が出来ていないからです。

そこで、フォニックスを少しCDで学んでみました。

こんな基本的な事を学校では教えて貰っていません。

単語は丸覚えするように教えて貰っていました。

英語と日本語の違いが少し理解出来ると、

苦手意識が薄れてきました。

英語文を聞いてみると、以前より分かっている自分がいました。

話すにまではいっていませんが、

単語を覚えていけば、今までより英会話に積極的になれるかもしれません。

苦手意識をなくすと、脳がすんなりと受け入れるのか?

そう思える体験でした。






2017/07/11

やっぱり面白い。

高次元の存在たちが、

この世界で体験する為に、

身体が必要であったので、

リスクがありながらも、三次元世界に来たのであれば、

身体を持ち、高次元であった時の叡智が使える世界。

それが理想なのかもしれません。

私自身もゴールを知りません。


セッションを受けてくださった方ならご存じのように、

何か分からないけれど・・・

という言葉で表現していたように私の理解を超えたものが多いです。


今までのセッション内容を確認していました。

その中から身体を伴ったアセンションに焦点を合わせたものを選んでいきました。

今なら、なるほど!と、思える内容だったりしますが、

当時はどういう事か、分かりませんでした。

最後のセッションはDNAに対するものもありましたし、

具体的なものが多かったように思います。

それまでのセッションは、それらの準備的なものだったのかもしれません。

今私が使っている機能もセッションにより使えるようになったものもあるのかと、

思います。

セッションの内容は受けてくださった方たちだけでなく、

私自身にもエネルギーを入れて変化を見ているのです。


ここまで書いて、とても眠くなったので、

昼寝をすることにしました。

移行後ビジョンなどを見ることがなかったので、

そういう事はなくなるのかな?と、思っていたのですが・・・


横になると、第三の目とは違う今まで感じた事がない部分が反応しだしました。

そして、大きな光が見えました。

今までのように降りて来るという感じではなくて、

既に存在しているという感じです。

しばらく今までとは違った振動を感じながら、

エネルギーも感じていました。

脳波が深い状態が続いていました。

何かの為に必要な事だろうけれど何の為かは分かりませんでした。

最後に日本人ではない白人の女性の顔の横顔がアップになりました。

女性の変化を見ていると、目の周りのしわが無くなっていくのです。

次のテーマは若返りでしょうか。

ある種のホルモンが関係しているのかも?と、根拠なくそう思いました。








2017/07/09

気付き合う関係

世の中にはいろいろな考え方があります。

それが正しいや正しくない。

そうではなく、視点が違うだけなんだと理解している事に気付きました。

自分の視点の世界が、

自分の世界です。

自分の視点の世界の中で思考が展開されていきます。

何を基準に物事を考え行動していくか。

移行後の世界から見ると、ある視点に固定されて融通性がないように感じます。

概念というものが固定させる原因となっているのかもしれません。

自由のなさを感じるのは、ガチガチの概念から来るのでしょうか。

自分が信じているもの、

信じているとさえ気づかない考えの元となっているものに、

焦点を当ててみてください。

それを教えてくれるのは、身近な人達です。

家族や友人、職場の人達から感じる違和感やふとした感情の中に、

ヒントはあります。

その違和感やふとした感情から、

あなたがもう要らないと感じているものがあるのです。

誰かがではなく、あなた自身が要らないものだと分かっているのです。

一つずつ無くしていくこと。

そして、そう気付かせてくれる関係性について理解してください。

決してあなたを苦しめる為の存在ではなく、

気付かせる関係性であったのだと知ってください。

そうする事であなたの視点は変わってきます。

それを続けると、どんどん視点が変わっていって、

それまでの視点が、世界が、どのようだったのかさえ忘れていくようです。